Since May 2020

変化する国際会議での発表の仕方: 音声入力とキャプション

https://unsplash.com/photos/nOvIa_x_tfo
https://unsplash.com/photos/nOvIa_x_tfo

アメリカ栄養学会での研究発表の仕方が進化している。この学会は毎年開催されているが、2022年はコロナ感染症が十分に収束していないこともあり、一部を除いて研究発表は多くがオンラインになった。この記事では進化するデジタルポスター発表の事例をとりあげ解説する。

著者のプロフィール

人工知能(AI)を利用した国際学会研究発表

学会の開催がオンランと聞いて、当初Zoomでの発表を想像していたが、この方法では発表者が多いと無理があると思っていた。しかし、手続きを終えた今、開催の仕方が進化していることに気が付いた。従来の開催方法とのギャップを埋めるために、AI(人工知能)を含め新しいIT技術が導入されていることが分かった。

ポスターによる研究発表はオンラインが主流になる

ご存じの読者もいると思うが、発表者はアブストラクトが審査に通ると学会主催者から発表が口頭またはポスターによるものかを知らされる。今回は自分の研究発表はポスター発表になったが、オンラインによる発表がどのようになるのか、具体的な情報はポスター提出期限ちかくまで分からなかった。COVID-19が人の集まりを消極的にしてきたこともあったが、感染爆発から2年で感染症に対応するためにIT技術が駆使されている。近年、多くの場面でのAIが導入されていることは驚くことでもないが、学会開催のシステム構築でも導入されているのが新しい動きである。したがって、発表者はこの新しい動きに対応しなければならない。

英語での音声入力とキャプションを上手く使いこなす

2022年アメリカ栄養学会での研究発表はポスターで行うというものであったが、従来とは異なるePoster(デジタル)で発表するというものである。手続きの仕方は、ePosterを完成させた後、クラウドの指定されたサイトでアカウントを作成し、そこにアップロード、更に説明を英語で音声入力するというものである。音声入力が終わると自動で文字起しをしてくれるが、この時内容の確認をする機会があるので、珍しい専門語もこのときに確認できる。これをキャプションという。音声入力とキャプションについては、AIが日本人の英語を聞き取れるのか疑問であったが特に問題は無かった。おそらくここで使用されるAIは、米国英語や英国英語だけでなくアクセントが強い英語などについてもディープラーニングしいているのではないかと思った。

旧式のデジタルポスターによる発表はなくなるであろう

かなり前から使用されているデジタルポスターを使っての発表の仕方は、読者のみなさんにも馴染みがあると思う。従来のデジタルポスターは、予め主催者にポスターをPFDなどにして提出し、発表時は指定された場所と日時にモニターの前に立ち、写し出される自分のポスターについて来場者に説明するというやり方である。しかし、この方法は効率的ではない。たとえば参加者が多い場合、後ろにいる人はポスターを見ながら説明を聞くのは難しい。また、発表当日のタイミングが悪いとチャンスを逃してしまうことがある。COVID-19のようなパンデミックがあると人が集まれないこともある。

紙媒体のポスターによる発表

紙媒体による発表は、主催者が場所を確保しなければならないことも含め効率はよくない。また、発表者は開催地に行かなければならないという不都合さもある。私個人としては紙媒体によるポスター発表が好きである。直接人とのインタラクションが持てるからである。しかし、2022年のアメリカ栄養学会のやり方は、従来のやり方の問題点を大きくクローズアップしている。

今後はオンラインによる国際学会が主流になる

今回のアメリカの学会の例を挙げたが、今後はオンラインの国際学会の開催が主流になっていくと思う。この数年COVID-19を経験したこともあり、人が大勢集まることは好ましくない。また、グローバル化が進むと感染症パンデミックのリスクは大きくなること再認識した。隔離という方法がとられる中で、IT技術はオンラインでの開催を可能にしたことを実感している。この傾向は、今後ますます強くなっていくと思う。しかし、パンデミックを経験した私たちは、人と直接会うことがコミュニケーションのクオリティーに違いがあることに気付いてしまった。昨今のリアルで人が参加する国連総会開催の報道を聞くと、人と直接会うことがいかに大切かを再認識できる。

学会での研究発表を知的財産化をIT技術は可能にする

今後アメリカ栄養学会の知的財産化を推し進めることを計画しているいるが、これを可能にするのがIT技術である。この動向は研究発表した側にも大きなメリットを感じさせる。今後は、このような意識を持つ学会に多くの研究者が集まり、従来の学会開催形式をとっている学会に研究者はメリットを感じないため、参加者は減っていくであろう。

 

コメント