itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">
Since May 2020

【食品への使用禁止】トランス脂肪酸はなぜ悪い油なのか|世界の動き

外国の政策|トランス脂肪酸使用の制限

米国では2018年6月よりトランス脂肪酸の食品に使用することが法律で禁止されている。実施にいたるまで3年の月日が経っている。米国食品医薬品局(FDA)がトランス脂肪酸が「安全な食品(generally regarded as safe: GRAS)食品」ではないと定義づけ2015年6月食品への添加を 3 年で禁止すると発表した。

現在トランス脂肪酸の食品への使用を規制している国は多い。しかし欧米の国の中では米国の規制は遅かった。2018年5月14のThe New York TimesはWHOのトランス脂肪酸への取り組みを大きくとりあげており、2023年までに世界の食料供給において、工業的に製造されたトランス脂肪使用を禁止する。トランス脂肪酸使用については現在2つの方法がある。一つは栄養成分表示ともう一つは食品への使用禁止である。2021年10月現在、日本では使用は禁止されておらず栄養成分表示にも至っていない。

トランス脂肪酸とは

工業的には、トランス脂肪酸は植物油に水素添加することで得られる。水素添加されると液体油から個体油になる。この油が広く使用されるようになった背景として、揚げ物をするときなど、油が酸化がされにくいことで長く使用できるためコストを抑えることができること、運搬が便利であることなどがあげられる。また、トランス脂肪酸で食べ物を揚げると味が良くなるとも言われている。

トランス脂肪酸使用規制のエビデンスはどこから

世界的なトランス脂肪酸の規制の動きは幾つかの研究論文がもとになっている。この記事では、主に3つの研究を紹介したい。

1つは、ハーバード大学のWillettらが行なった食事由来のトランス脂肪酸と心疾患との関係の研究である。この研究は1993年、The Lancetに発表されトランス脂肪酸が心疾患のリスクを高めることを世界ではじめて明らかにした。研究方法として、米国で女性の看護師を対象とした前向きコホート研究を用いて85,095人を1980年から8年間追跡した。統計解析では、トランス脂肪酸摂取量を5分位にランク付けし、最も高いグループは最も低いグループと比較するとリスクが50%高くなることを示した。このリスク(相対危険度)は、他の考えられる交絡因子の影響を考慮しても変わらなかった。

2つ目は、同じ研究グループのHu, Willettらによるトランス脂肪酸と2型糖尿病との関係を検証する研究である。この研究は2001年、The New England Journal of Medicineに発表された。研究方法は上記の同じコホート研究で行なったもので、この研究では84,941人を対象を1980年から16年間追跡調査した。解析の結果、トランス脂肪酸摂取がⅡ型糖尿病のリスクを40%高くすることを明らかにした。

3つ目は、同じ研究グループのMozaffarian, Willettらが行なったトランス脂肪酸と心疾患との関係の評価である。研究方法はメタアナリシスを用いており、過去行われた複数の実験研究や観察 研究で得られた質の良いエビデンスを用い検証を行っている。この研究をまとめた論文は2009年、The New England Journal of Medicineに掲載された。この研究にける解析では、世界 3 か国の合計 4 つの研究のコホート139, 836を用いてプール解析をおこない、リスクが24%高いことを明らかにした。勿論、重要な交絡因子の影響は考慮されている。

日本のトランス脂肪酸使用を規制しないエビデンスのレベルは?

食事由来のトランス脂肪酸が冠状動脈心疾患のリスクを高めることは、1993年ハーバード大学のWalter Willett教授が世界で最も評価の高い医学雑誌のひとつランセット『The Lancet 』に論文を発表している。その後、米国において食品への使用禁止に至るまでには多くに時間をよ要した。これに対して、いち早く食品への使用規制に踏み切ったのはヨーロッパの国々であった。この違いはどこから来るのか。違いの一つに、政策策定に関わる人のエビデンスのレベル理解のリタラシーの有無がある。日本においてトランス脂肪酸使用の規制をしないのであれば、エビデンスについてもっと議論してもらいたい。

主な参考資料

Willett WC, Stampfer MJ, Manson JE et al. Intake of trans fatty acids and risk of coronary heart disease among women. Lancet 1993; 341, 581-585.

Hu FB, Manson JE, Stampfer MJ et al. Diet, lifestyle, and the risk of type 2 diabetes mellitus in women. N Engl J Med 2001; 345, 790-797.

Mozaffarian D, Katan MB, Ascherio A, Stampfer MJ, Willett WC. Trans fatty acids and cardiovascular disease. N Engl J Med. 2006; 354(15): 1601-13.

著者 吉澤和子プロフィール

コメント