itemscope itemtype="https://schema.org/WebPage" data-barba="wrapper">
Since May 2020

【エビデンスの質】エビデンスにはレベルがある

Photo by Matthew Henry from Burst

研究デザインとエビデンスの質

栄養と病気の関係が「有」となったり「無」となったりすることがある。そのどちらが「確からしい」かは、大抵の場合、研究論文に書かれてある研究方法を読めば判断出来るようになってきた。

エビデンスにはレベルがある。質の高いエビデンスを得るには、それなりの研究方法が必要である。因果関係が成り立つためには、複数の優れた研究方法から得られた結果が一致していると説得力がある。

同じ研究テーマでも結果が異なることがあり、例えば、同じテーマについて米国と日本で異なる結果が出てきた理由について、「国が違うから」と説明する研究者がいる。そういう場合もあるが、「この場合は違うだろう」と思うことも多々ある。そんなとき、この研究者は、因果関係の評価ができないのではないかと思うことがある。

優れた研究者は因果関係を検証するために、スタディーデザインは致命的になる。そのような研究は、それを計画し実施する研究者の能力が必要だが、資金と時間もかかる。資金がないと、良い研究ができないということでもあるが。。。資金があっても 研究者の能力がないと質の良いエビデンスが得られるとは限らない。

最近、アカデミック・ミュニティーの外でも「エビデンス」という言葉をつかっている場面に度々出会う。これはいい傾向なのだが、エビデンスにはレベルがあることが認識されるにはもう少し時間がかかりそうだ。

Photo by Matthew Henry from Burst

Photo by Clay Banks on Unsplash

コメント