Since May 2020
SDGs

ポストSDGsとは?SDGsの経緯と未来を考える

SDGsは貧困、飢餓、疾病などの地球レベルの課題をMDGsから引き継いだ。「ポストSDGs」は、今後、進捗検証から明らかになるか、貧困と気候変動の重要課題は斬新な取り組みが必要である。
コンサルタント

TOR(Terms of Reference)の重要性とリスク:プロジェクトやミッションの成功における影響

TORの理解はプロジェクトやミッションの成否に関わる重要な要素です。適切な方針や目標の把握、役割や期限の誤解を防ぎ、円滑なコミュニケーションを促進し、成功に向けた協力を確保します。TORの理解はプロジェクトやミッションの成否に関わる重要な要素です。
認知症

認知症予防の鍵:ビタミンDと日光浴、栄養の重要性

ビタミンD欠乏症が認知症、特にアルツハイマー病と関連している可能性が指摘されている。食習慣と日光浴習慣の見直しが必要である。日光浴については、メラノーマのリスクを考え理性的な習慣を心掛ける。サプリメントは賛否両論があり更なる情報が必要である。
経済学

アマルティア・セン(Amartya Sen)のケイパビリティ・アプローチとSDGs

センの提唱した「ケイパビリティ・アプローチ」は、人間の能力や自由を評価し、単なる経済成長だけでなく人間の幸福と発展を中心に据えた開発戦略を示した。また、彼の性差に関する研究は、SDGsの一環としてのジェンダー平等の重要性を強調した。
トランス脂肪酸

トランス脂肪酸使用が日本で禁止されていないのは何故か

多くの国がトランス脂肪酸の使用を禁止しているなか、日本はまだ規制がない状況である。これには主に日本人のトランス脂肪酸の摂取量がWHOの推奨値や米国人の平均値よりも低いという見解が影響しており、これらの指標だけで規制を論じることには疑問が残る。より包括的で客観的な情報を考慮することが必要である。
人道支援

パレスチナ・ガザ地区の飢餓

パレスチナ・ガザ地区の国内避難民の困難な状況と、UNICEFの最新声明に焦点。飢餓危機や国際支援の緊急性に迫ります。UN安保理決議や現状分析、UNICEFの役割も紹介。日本の国連への貢献とガザへの支援はどうあるべきか?
科学的根拠

栄養学研究におけるエビデンスの信頼性

栄養と健康の関係で同じテーマでも異なる結果が得られることがある。エビデンスには質に違いがあり質の高いエビデンスを得るには適切な研究方法が必要。因果関係を示すには複数の高品質な研究が一致する必要があり国際的に合意された基準に従って判断しなければならない。
国際開発

国連プロジェクト成功の鍵:TORの戦略的活用法

国連のエキスパートとしての仕事を始める際、TOR(任務遂行要項)を充分に理解する必要があります。TORはミッションの詳細を示す文書であり、役割、責任、及び目標を明確にします。ミッションの遂行において、TORに基づき進捗を管理し目的を達成します。
WHO

F-75とF-100: 子供の生存率向上の鍵、重症栄養失調治療用ガイドライン

重症栄養失調(SAM)治療にはF-75とF-100が不可欠です。これらの栄養失調治療用ミルクを効率的に使用することで子供の生存率が向上します。この記事では、SAMの症状と重要性、そしてこれらの治療法の効果について解説します。
エビデンス

栄養と病気の関係: 信頼性と解釈について

著者は栄養と疾患の因果関係を理解するために、高品質な研究から得られた信頼性の高いエビデンスが必要であることを示す記事を書きました。この記事では、栄養と病気の関係における信頼性と研究方法の重要性について詳しく掘り下げています。